• (089) 911-6333 / お問合せ専用フリーダイヤル:0120-72-8104
Menu

最期までうちで過ごす

 日本でも昭和30年代までは、自宅で看取ることは普通のことでした。当時は実に8割以上の方が自宅で最期を迎えられました。現代では逆に病院の方が大半となっていますので、家族を自宅で見送ったという経験を持つ方も少なくなってきました。
それは、医療・介護従事者についても同じです。
 そのため、本人や家族が自宅で最期を迎えたいと希望されても、周りの人から「なぜ入院しないのか」と言われ、家族の気持ちは揺らぎ、不安になります。
入院をさせ、本人が望まない点滴や胃ろうでの栄養補給を続け、むしろ体に負担がかかり苦しい中、最後を迎えると云うことも往々にしてあります。
 最期まで自宅で過ごす、自宅で最期を迎える。そのためには、ご本人とご家族が医療者を交えて納得できるまで話し合うことです。その時には、医療者から、どんな変化が起こり、どう対応すべきかといった説明を充分に受けてください。
 在宅医療は24時間体制で、ご本人とご家族を支え、見守ります。安心して最期まで自宅で過ごせる。そのための医療や介護の専門職が、あなたのそばにいます。