• (089) 911-6333 / お問合せ専用フリーダイヤル:0120-72-8104
Menu

全国在宅医療テスト(在宅医療発展への取組み)


続くコロナ禍の中、日々奮闘されてる医療従事者の皆さま、またそれを支え奮闘されるコメディカルの皆さま、本当にお疲れ様です。
そのような中、今年の在宅医療テストの開催をどうすべきか迷いましたが、むしろこのような時だからこそ、在宅医療の制度についてより深く学ぶ時間を持つことも可能でないかと考え、継続開催することといたしました。
従来より会場等での受験を行うものではありませんでしたが、実施される皆様においても、感染対策を十分に行っていただいた上で、受験あるいはそれに先立つ勉強会等を実施頂きたいと思います。
昨年度より成績により1級から10級の認定級を成績票に表示しています。そして、1級および2級の方へは認定証を発行します。
また1級を2回取られた方は「全国在宅医療テスト・マイスター」として表彰、認定いたします。(今年度の対象者は、昨年1級を取られた方となります。)
より上級を目指してチャレンジしてみてください。
基本的事項のみを問うビギナー版も好評をいただいております。今年度より専用のテキストも設けていますので、初めて受験される方は、そちらを是非ご利用ください。


第11回の申込みは終了しました。




過去問題(第10回全国在宅医療テストより抜粋)を掲載しています。 ( クリックでページ下部へ移動)


テストのお申込みをいただいた皆様へは、勉強会(録画配信)のご案内をしています。そちらも是非ご活用ください。


実施要領

■試験日程 2020年11月1日(日) 試験時間は90分 ※10月31日(土)の実施も可
※問題用紙の発送は、10月24日(土)を予定しています。
■ 受験会場 各参加団体にて実施
※特に受験会場等は設けませんので、ご承知おきください。
※問題・答案等は団体住所宛の発送となります。
■ コース ①通常版 ②ビギナー版
■ 受験料 無料
問題の発送料は、実費負担(着払)をお願いします。
※答案用紙ならびに成績票の返送料も、実費負担ください。
■ 公式テキスト
【通常版】
公式テキスト「たんぽぽ先生の在宅報酬算定マニュアル第6版」日経BP社
公式問題集「たんぽぽ先生の在宅報酬Q&A」日経BP社
【ビギナー版】
ビギナー版用テキスト
■ 出題範囲 【通常版】
たんぽぽ先生の在宅報酬算定マニュアル第6版(日経BP社)の掲載内容を範囲とする。
【ビギナー版】
ビギナー版用テキストの掲載内容を範囲とする。
■ 出題形式 通常版は5問からの選択のマルチプルチョイス問題を20題、ケースを読んで解答する臨床問題が3題(問題は9問)の予定です。
ビギナー版は、○×の正誤問題40題と穴埋め問題15題、5問からの選択のマルチプルチョイス問題を10題を予定しています。
ただし、状況によって問題の形式が変わることもありますので、ご了承ください。
■ 解答 答案到着後、「解答解説」をメール送信します。
■ 成績通知 ●答案をご返送いただいた団体に、受験者ごとの個人成績票をお送りします。
(得点、偏差値、級(通常版のみ)、所属団体内での順位、全国順位などを記載)
●1級・2級の方には認定証を発行。2019年度に1級を取られた方で引き続き今年度も1級の方は「全国在宅医療テスト・マイスター」として表彰・認定致します。
●成績優秀者や成績優秀団体(5名以上)はお名前を発表します。
●複数の医療機関や連携先の皆さまでまとまって受験される場合は、1団体(1コード)として処理致します。その際には各医療機関ごとの成績は出ませんので、ご了承ください。
■ 申込方法  インターネットによる申し込みのみ
※申込締切日:2020年10月10日(土)
※各受験者に対し通常版またはビギナー版のどちらか一方のみ受験可能です。順位等も版ごとに計上されます。

第11回チラシ




テスト勉強へのアドバイス

ビギナー版受験の方

基礎的な問題が出題されますので、「ビギナー版用テキスト」でポイントとなる部分を中心に勉強をしてください。
別冊となりますが、「たんぽぽ先生の在宅報酬Q&A」の知識チェック&テストなどが参考になると思います。

通常版受験の方

「たんぽぽ先生の報酬算定マニュアル第6版」をじっくり勉強をしてください。
別冊となりますが、「たんぽぽ先生の在宅報酬Q&A」の問題を解かれるのも、実務上のケーススタディとしても参考になると思いますので、ぜひご活用ください。
また後日、勉強会も実施予定です。詳細が決まりましたらお知らせしますので、ぜひご活用ください。


通常版公式テキスト

たんぽぽ先生の在宅報酬算定マニュアル第6版
全国在宅医療テスト【通常版】公式テキスト

2020年度診療報酬改定に完全対応。

診療報酬、介護報酬、訪問看護療養費の各制度にまたがる複雑な報酬算定の仕組みを、豊富な図表やイラストを使って分かりやすく解説しており、在宅医療に携わる医師や看護師、ケアマネジャーや医療事務にとっては必読の書といえます。

第6版ではデザインを全面刷新。分かりやすさを追求し、「往診と訪問診療の違い」「退院前後に算定できる報酬」「看取りに関連する報酬」など、診療報酬算定時につまずきやすいポイントを視覚的に整理できるページを新設しました。さらに診療報酬の算定状況のデータも盛り込みました。

2020年4月の診療報酬改定にも完全対応。今回の改定で見直された点数、新設された各種加算の要件等を紹介ています。2018年4月の改定で重点課題に位置付けられた「看取り(意思決定支援)」や、いまだに誤解の多い「死亡診断」に関しては、プロセスをフローチャートで示すなど、在宅医療の現場に必要な実践的な情報も充実させました。

 

価格:3,960円(税込) 





たんぽぽ先生の在宅報酬Q&A

「在宅報酬算定マニュアル」の主な内容を、実践的なQ&Aで身につけられる書籍で、図表だけでなくイラストもふんだんに使い、在宅医療に初めて携わる医療・介護従事者にも読みやすい内容となっています。

今回のリニューアルでは、2020年度診療報酬改定に完全対応したほか、患者が在宅医療を利用し始めてから在宅で亡くなるまでのプロセスに沿ってQ&Aをラインアップした章を新たに設けました。「訪問診療の初診はどの報酬を算定するのか」「電話で患者から相談があった時に算定できる報酬は?」といった、報酬請求の際に迷いがちなQ&Aも新たに収載。

「在宅報酬算定マニュアル」が教科書とすれば、本書は、「在宅報酬算定マニュアル」で身につけた知識の理解度を確認するための副読本、在宅報酬に初めて触れる医療・介護従事者のための入門書と位置づけられます。

 

価格:2,970円(税込) 





たんぽぽ先生から学ぶ在宅医療報酬算定ビギナーズ

はじめて在宅医療の制度について学ぶ人におすすめの本です。初学者がつまづきやすいところを丁寧に解説しています。
オールカラーでAB判の大きな誌面で、読みやすい作りとなっており、この1冊で、訪問診療、訪問看護、訪問リハビリ、カンファレンスに関する制度の基本的なところが学べ、多職種連携がスムーズにできるようになります。
臨床でも制度の知識が使えるように、患者マネジメントのポイントを各所に入れています。
各章末に問題がついているので、理解度の確認やテスト勉強になります。

 

価格:2,200円(税込) 




(過去問題)第10回全国在宅医療テスト

【通常版問題より抜粋】


問題3 在宅時医学総合管理料(在総管)と施設入居時等医学総合管理料(施設総管)に関する記述のうち、正しい組み合わせを1つ選びなさい。
①在総管と施設総管は、在宅療養支援診療所でない診療所でも届け出ができる。
②単一建物診療患者数は、1つの建物に居住する者のうち、医療機関が在宅患者訪問診療料を算定する患者の数を指す。
③訪問診療または訪問看護時に注射、喀痰吸引を受けている患者は包括的支援加算の対象となる。
④在宅移行早期加算は、在宅移行から1年以内の患者であれば、退院と同時に在宅医療を提供していなくても算定できる。
⑤在総管と施設総管は、建物の総戸数が20戸未満で医学管理を行う患者が2人の場合に、「1人」の場合を算定できる。

A ①②⑤  B ①③④  C ②③⑤  D ①④⑤  E ②③④

問題7 「厚生労働大臣が定める疾病等」(別表7)、「厚生労働大臣が定める状態等」(別表8)、「第2号被保険者が介護保険の給付対象となる特定疾病」について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。
①筋委縮性側索硬化症や多系統委縮症は、「厚生労働大臣が定める疾病等」(別表7)にも「第2号被保険者が介護保険の給付対象となる特定疾病」にも共通する疾病である。
②45歳で関節リウマチの患者は、介護保険サービスの給付対象になる。
③「厚生労働大臣が定める状態等」(別表8)に該当している者は、退院時共同指導料を入院中2回まで算定できる。
④「厚生労働大臣が定める状態等」(別表8)に該当している者は、特定施設や認知症対応型共同生活介護事業所に入居中でも訪問看護が提供できる。
⑤「厚生労働大臣が定める疾病等」(別表7)、「厚生労働大臣が定める状態等」(別表8)に該当している者は、入院中に2回まで訪問看護基本療養費Ⅲが算定できる。

A ①②⑤  B ①③④  C ②③⑤ D ①④⑤  E ②③④


【ビギナー版より抜粋】


問題1 (正誤問題)1~20の問題文を読み、正しいものには〇、間違っているものには×を解答欄に記入しなさい。

1. 在宅患者訪問診療料について、週に訪問できる回数に制限がないのは、急性増悪時の14日間だけである。
5. 在宅がん医療総合診療料の算定対象患者は、居宅で療養する通院困難な末期の悪性腫瘍で、医師や看護師の配置が義務付けられている施設の入所・入居者には算定できない。
8. 訪問看護が医療保険の対象となる場合は、厚生労働大臣が定める疾病等(別表7)、厚生労働大臣が定める状態等(別表8)、特別訪問看護指示期間の3つの場合のみである。


問題2 (選択問題)21~29について、正しい組み合わせを選び、A~Eのいずれかを解答欄に記入しなさい。

21. 在宅医療の対象者と在宅医療を受けられる場所について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

① 自宅で療養している独歩での通院が困難な患者は、在宅医療の対象となる。
② 特別養護老人ホームの患者は、末期の悪性腫瘍患者に限り、在宅医療の対象となる。
③ 徘徊症状がある認知症患者で、独歩で通院できない認知症対応型共同生活介護事業所の入居者は在宅医療の対象となる。
④ 短期入所生活介護の利用中は、施設の配置医師以外は、往診料を算定できる。
⑤ 在宅医療を受けている夫を常時介護している妻は在宅医療の対象となる。

A ①②⑤   B ①③④   C ②③⑤  D ①④⑤  E ②③④